アツザワ・プロテーゼ九州|博多駅からすぐ

福岡市を拠点に九州各県・沖縄(一部中国・四国地方)の患者様へ義眼の作製・関連サービスを提供しています

HOMEブログ ≫ 海外の義眼関連情報 ≫

*㈲アツザワ・プロテーゼ九州 ブログ*

青だけど!青じゃなーい!

青い目

いつもアツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき
誠にありがとうございます!

シカゴでは若手向けのワークショップに参加してきました!

型を作製したり、研磨をしたり、色々なことをしたのですが、
特にお互いの目を観察しながら、虹彩を作るのは、
普段見る事のない色の虹彩ばかりで楽しかったです。

虹彩の着色方法や道具もいくつかあります。
それぞれの組み合わせで4パターン試すことができました♪

私以外は、全員北米のメンバーでしたが、
道具や着色方法を普段自分が使っているものと違うものに変えたとたん、
「何これ!出来ない!」状態に陥っていました(笑

私も、昨年カナダでどのテクニックも経験したことこそありますが、
北米のメンバーに比べれば圧倒的に
不慣れな道具・テクニック・色のトリプルパンチで
始終四苦八苦していました。

手元でペタペタ作業してパートナーの眼の横につまみ上げて比べてみると、
色自体は意外と悪くなかったので驚きました(笑
ただ、その後、時間が足りず、バタバタと片づける時にまだ硬化していなかった角膜部分が
ずれてしまったので、ちょっと空気が混入してしまいました・・。
白っぽくキラキラして見えるのはそのせいです。
お恥ずかしいですが、失敗作としてご覧ください。
ちなみに、白目は全く何も着色していない真っ白の状態です。

「青い目」とは言いますが、実際には色素のうすい眼を作製する際に「青」を
使わない義眼師も多いそうで、試してみました。
久しぶりに、週末はゆっくり水彩画をやってみようかな・・と思いました。
色を見る目?勘?大切です。

2018年11月07日 12:26

アメリカ義眼師会誌に論文が採用されました!

chicago

いつもアツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧頂き
誠にありがとうございます。

10月の最終週、アメリカ義眼師会(ASO)学会に参加してきました。

今回の学会では、無事、学会誌に論文が採用されました。
インドに続き、アジアからは2ヵ国目の論文採用となりました。
今後も、日本から世界の義眼師に向けて情報発信ができればと思っています。
共同著者としてさまざまなご協力をいただきました先生方に、
改めまして御礼申し上げます。

今回の論文は、
「まず現状を正しく理解する」
「情報を多くの義眼師と共有し注意喚起する」
ことを目的としていました。今回の結果をもとに、
問題の解決に向けた研究をすすめ、
また数年後を目途に報告を上げることを
次の目標にしたいと思います。


義眼師のみで、研究や実験を行うのには限界があります。
時間はかかると思いますが、さまざまな専門家の皆様や
患者様などのご協力も得ながら、
義眼をより安心して装用していただけるよう、
一歩ずつ進めていければと思っています!
 

最後になりましたが、私がこうして毎年ASOに参加することができましたのも、
弊社をご利用いただきました皆様のおかげです。
誠にありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年11月07日 10:17

義眼取り外し用ガラス棒

tinyfinger

いつもアツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。

左のイラストは、1818年にフランスで出版された、
義眼に関する本の中で、義眼の取り外し方を説明しているイラストです。
Traité pratique de l’oeil artificial by Hazard-Mirault)
細長い棒を、差し込んで義眼を義眼床から引き抜くようにして取り外しています。

日本でも、義眼をご購入された時期や場所によっては、
ガラス棒を用いて、この図に近い方法で義眼を取り外されるようにと、
説明を受けられ、長年そのような外し方をされている方もいらっしゃるようです。

弊社にも、ごくまれに、義眼を装用されているご本人やご家族または、
看護・介護のご担当者の方から、「義眼取り外し用のガラス棒」の販売に
ついてお問合せを頂く事があります。

弊社で義眼を作製させていただいた皆様には、
義眼を取り外す際、指か、
「スポイト」という義眼表面に吸い付けて使う
義眼取り外し用道具のいずれかを使用していただいています。
そのため、残念ながら、今後も、
義眼を取り外すための専用ガラス棒を取り扱う予定はございません。

海外には、ガラス棒と同じような使い方の
金属製の義眼取り外し専用道具がございます。(写真/右)
※海外でも日本同様、義眼表面にくっつけて引き抜く道具が主流です。

しかし、この金属棒、税金や、送料、手数料別で
メーカーの定価が約40ドルを超えています。
また、海外からの発送となるため、お手元に届くまでに
かなり時間がかかってしまいます。
これらの点をご理解いただいた上で、
どうしてもとのご希望であれば、
メーカーさんとの英語でのやりとりなどの、お取り寄せの
お手伝いはできるかと思いますので、ご相談下さい。

ガラス棒で義眼の取り外しをされているのは、
比較的ご高齢の方に多いようで、
使い方が全く異なるスポイトのご使用に不安を感じられて、
なんとか今までと同じものを・・と、大変な思いで探されていることも
少なくありません。

しかし、スポイトは、弊社にお越しになる、お子様からご年配の方まで、
幅広い年代の方に問題なくご使用いただいております。
ご使用後の返品は承ることができませんが、高価な海外製品よりは、
入手しやすい上に、挑戦しやすい価格です!

現在、ガラス棒で義眼の取り外しをされている方も、
お手持ちのガラス棒が割れてしまったりする前に、
一度、スポイトも試してみられてはいかがでしょうか?
ぜひご検討下さい♪

2018年10月03日 11:52

学会参加のご報告

0000513320.jpg

 
いつもアツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき
誠にありがとうございます!
 
 今年も残すところ1ヶ月少々となり、寒くなってきましたが、
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
 
 先週、ニューオリンズで行われたASOの学会に参加してきました。
乗り継ぎで降りたシカゴではすでに-8度で非常に寒く、
今年の初雪を見ることが出来ました。

ニューオリンズの街をゆっくり散策する時間はありませんでしたが、
ユニークな食べ物が多く、滞在中ずっとお腹がいっぱいで(笑
体重計に乗るのが怖いです。
音楽もあちこちから聞こえてくるとても素敵な街でした。

今年の学会は、海外からの参加者が極端に少なく寂しい学会でしたが、
個人的には、聴講に加え、試験や、発表、ミーティングなど、
例年にも増して非常に充実した4日間となりました。
今回の発表は多くの方のお力をお借りして実験を行った報告でしたので、
内容について高く評価していただけたことを大変うれしく思います。
今後も日本発で、義眼の安全性の向上に役立てるような情報を
発信していければと思っています!!

 

2017年11月21日 08:57

海外研修のご報告

0000482170.jpg

いつも、有限会社 アツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
 
先月、6月の中旬から約3週間、
モントリオールとトロントで各10日ほど、
ASO(アメリカ義眼師会のこと)で知り合った義眼師さんのラボで
研修
をさせていただきましたので、
今日は、そのことについてお話させてください!
 

アメリカではなくカナダへ?

 ① アメリカ義眼師会(以下ASO)全会員の約16%がカナダ人
 ② 現会長・役員数名がカナダ人
 ③ 北米中心に多く使われている義眼専用品の製造会社のうち一社がカナダにある
 ④ 国民皆保険制度がありるため、
   費用に関する制度などについても情報交換ができる。

特に④については、アメリカでは難しいので、カ
ナダで詳しく聞いてみたいと思っていました。
カナダの制度について詳しく聞くことで、
海外の制度と比べて日本はどうなのかということを、
より客観的に見ることができるようになりました。

どんな人のところにいったの?

 *モントリオール
 ASOの会長経験者の方のラボにお世話になりました。
 この方は、義眼以外にも、医療機器の製造・販売もされている、
 私の知る限りでは唯一の義眼師です。

 トロント
 現ASO役員の1人です。母様から引き継ぎ、2代目として、
 トロントと、郊外の2か所のラボで義眼の作製をしています。
 また、彼は、カメラ内臓義眼の研究で作成に協力したことで
 TIME誌に載った経験もあります。

ASOの試験などでの採点基準となる、「標準手技」はありますが、
義眼の作製方法は義眼師によってさまざまな道具や、
テクニックが使われています。
年齢や、経験年数、バックグランドが全く異なるため、
全く異なるテクニックを使っているだろうと考え、
今回は、このお二人に受け入れをお願いしました。
 

毎日何してたの?

ホームステイをしながら、毎日、
営業時間中はずっとラボでお世話になりました。

・患者さんのお話しを聞き、カルテを拝見させて頂く 
・患者さんの義眼床を見せて頂く
・義眼を作製しているのを見学
・義眼の作製 
※日本からも使い慣れた道具は持って行っていましたが
 それぞれのラボにあった道具のみを使い、また、
 それぞれの義眼師さんの採用しているテクニックに従って
 作製を体験しました。
・実際やってみて難しかった部分やうまくできなかった部分を
 反復練習
・義眼関連医療機器製造工場の見学@モントリオール

と、いったようなことをしていました。

慣れない道具と手技でしたので、うまくできないことも多く、
ラボにいる間は練習、練習と、バタバタしていましたが、
それでも、日本とカナダの働き方の違いがあるので、
土・日・祝日はお休み。出張は一切なし。
営業時間は10時から17時まで(お昼休み有)ですが、
予約がなければ午後3時には閉めてしまったりと、
日本人である私からすると、ずいぶんとゆとりがあったように感じました。



                           その2に続く →

2017年07月10日 18:35

国際小児無眼球症・小眼球症ネットワーク(ICAN)

いつも有限会社アツザワ・プロテーゼ九州の
ブログをご覧いただき誠にありがとうございます!
 
今日は、海外の無眼球・小眼球症のサポート団体をご紹介します!

The International Children's Anophthalmia(以下ICAN)は、
アメリカを拠点として1993年に設立された
無眼球・小眼球症のお子様のご家族と専門家によるサポートグループです。

無眼球・小眼球症に関する情報を豊富に集めていることで
ASO会員(アメリカ義眼師会)の間でもよく知られています。

ICAN会員の中にはアメリカ以外の国のご家族もいらっしゃるそうです。
英語でのやりとりになるので、
ややハードルが高く感じるかもしれませんが
インターネットを通じて直接ICANに連絡を取ることもできます。

以下、ホームページへのリンクと、
ICANのホームページに掲載されているメッセージを翻訳したものを
ICANの許可を得てご紹介させていただきます!
 
ICANのホームページ
http://www.anophthalmia.org/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――――
 
You have just heard your baby has anophthalmia or microphthalmia (A/M).
This is a difficult time. You may feel overwhelmed with grief and anger. You may instead be saying, the doctors must be wrong somehow. Or you may be rethinking every step of your pregnancy wondering what you did or did not do that could have caused this to happen. All of these are normal reactions to such unexpected news. YOU ARE NOT ALONE!
 
あなたの赤ちゃんが無眼球症や小眼球症であると聞かされたばかりのころ。
これはとても辛い時期です。
あなたは悲しみと怒りで押しつぶされそうだと感じているかもしれません。
医師が何か間違えているに違いないと言っているかもしれません。
あるいは、妊娠中のすべての過程を振り返って、自分が何かしたこと、
もしくは、何かしなかったことが原因になったのではないかと
考えているかもしれません。
これらのすべては、このような思いがけない知らせに対する自然な反応です。
あなたは一人ぼっちではありません!!
 
This website was designed to help you learn more about A/M. It can help you learn what to expect in the coming days and months. We realize that many medical professionals may not have ever treated another child with A/M, which can be frustrating.
 
このウェブサイトはあなたが無眼球症・小眼球症について
学ぶ手助けをするために作られました。
この先の数日、数カ月先、どのようなことが待ち受けているのかを
学ぶお手伝いをすることができます。
私たちは、多くの医療の専門家が他の無眼球症や小眼球症の子供を治療した
経験がないのかもしれないと気が付きました。
そのことに対して、いら立たしく思うこともあるかもしれません。
 
We hope the information on this website will help you as you navigate through this confusing and scary time. Please remember that is all right to ask others for help. Turn to your doctors, friends, family and other support systems who can guide you during this time.
 
私たちは、このウェブサイトの情報が、あなたがこの混乱した
恐ろしい時期を切り抜けるための道案内となれるようにと願っています。
どうか、人に助けを求めることは正しいことだということを忘れないでください。
この困難な時期、あなたを導いてくれる、医者さん、お友達、ご家族、その他の支援に目を向けてください。
 
――――――――――――――――――(引用ここまで)

無眼球・小眼球症であっても、
お一人、お一人、状況が異なっている場合もあります。
不安なこと、疑問などについて、
ぜひ、担当の先生や、義眼師にもご相談ください。

2017年01月11日 14:42

アメリカから届いたもの & 海外の乳幼児への義眼フィッティングについての小話

0000429058.jpg


いつも(有)アツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき
誠にありがとうございます!
 
先日アメリカの義眼師さんから小包が届きました♪
箱の中身は実際の小眼球症・無眼球症の患者さんから採型した型などです♪♪

前回のASOの学会で、小眼球症・無眼球症への
対応方法について発表されていた方に、
色々とお話しをうかがっているうちに、このような形で
実物を資料としてご提供いただけることになり驚きました!!

義眼の採型は痛くはないのですが、
赤ちゃんや、まだ状況がよくわからない小さなお子さんにとっては、
怖いものだと思います。そのため、
特に初めのうちは、泣いてしまうことがどうしても多くなってしまいます。

義眼のフィッティングに伴う
ご本人や、見守られているご家族のストレス軽減を主な目的として、
海外では乳幼児の義眼のフィッティングの際に
医師によって全身麻酔が用いられることがあります。
今回頂いた型は、全身麻酔で眠っている患者さんから、
採型されたものです。

※義眼のデザインの検討だけを目的に、
 乳幼児に対して全身麻酔を使用することによる
 メリットやリスクに関しては、海外でもさまざまな考えがあり、
 日本同様に使用しないという選択をされる場合もあります。
 全身麻酔の有無はかならずしも
 義眼の完成度に直結するものではありません。

早速、今回いただいた型基にして透明の模型(?)を作ってみました。
小眼球症・無眼球症の眼の袋の形のイメージをつかむための、と
ても貴重な資料だと思います。
協力してくださった患者さんやご家族、オキュラリスの皆さまには
感謝しきれません!
大切に保管していきたいと思います

2016年11月30日 14:26

ASO学会参加のご報告

0000419234.jpg

こんにちは。
いつも(有)アツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただきありがとうございます!
 
10月14日から17日の日程で行われた
ASO(アメリカ義眼師会)学会に参加するため,
シカゴに行ってきました♪
 
ここ数年すっかり私の秋の恒例行事となっています。
今回は1年に1度受験することのできる試験を受ける予定があり、
(全4部・1年に1部ずつ4年かけて受験します)
今までよりやや緊張して参加しましたが、
無事、1部を合格することができホッとしています。
ASOの教育プログラム終了証書を受け取るためには、
まだまだ道のりは長いですがまた来年の
試験に向けてお勉強、頑張ります!!!
(試験以外にも様々な条件があり、最短で8年かかります。)

今では困ったときに気軽に相談できる友人と呼べる仲間が
北米・ヨーロッパ・アジア・南米のさまざまな国にでき、
今回も非常に楽しく、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
いつもサポートしてくださる先生方をはじめ、
皆さまのおかげです。心よりお礼申し上げます。
 
ASOでは数年かけて日本の義眼について情報を発信してきました。
ASOのメンバーの中で
「義眼の作り方を教わりに行ってみたい国」として、
現代義眼の祖であるドイツがよく上がっていましたが、
今では若手を中心に日本もよく並べてあげてくれるようになりました。
私が参加し始めたころのように「教わりにきた人」
と見られるのではなく、 日本の技術を知ってもらうことで、 互いに学びあう事のできる 対等な仲間として
扱ってくれるようになったことを嬉しく思います。

これからも、 日本人の会員として恥ずかしくないよう、
お互いに切磋琢磨し、より良い義眼をお届けできるよう共に学んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
 
右端にちっちゃ~く映っている、
発表者が私です(笑

2016年10月24日 11:38

ASO学会に参加してきました♪~ASOって何?~

0000372198.jpg

こんにちは♪

ASOの学会に参加するため、
4月23日~28日の日程でアメリカはフロリダ州。
美しいビーチのあるSt.Peteに行ってきました。

ASOとは、American Society of Ocularistsの略で、
義眼師が必要な知識を得、
共に学び続けるという、
義眼師の教育を目的につくられた団体です。
日本では、「米国義眼師会」などと呼ばれています。

毎年春・秋の年2度開かれる学会では
北米を中心に世界中からメンバーが集まり、
ベテラン義眼師の他、医師や、薬剤師など、
日頃義眼に関わっている専門家を招いて授業をしてもらいます。

それぞれの授業についてのテストもあります。
ASOの入会には近年、実技審査が導入され、
入会後も、出席と試験による単位を取得しつづけることが
求められており、
まさに学校といった感じです。

今回は私も短い時間ではありましたが、
発表の機会があり、
日本の義眼の歴史についてお話ししてきました。
これまでアジアからのそういった発信がなかったため、
他国のメンバーには非常に新鮮に受け止められたようでした。
発表そのものは緊張してしまって、
自分で納得できるようなものではなく、
しっかり反省し、次にいかしたいと思っています。

今回で3度目の参加ですが、授業の内容も
毎回違いますし、
人の数だけ違うテクニックや自分だけのコツのようなものをもっていて、
とても良い刺激をもらえます。
特に今回は初めての春の参加でしたが、
北米以外の参加者が非常にすくなく、
同世代の義眼師とも交流を深めることが出来たように思います。
「日本の義眼についてもっと学びたい」と言ってもらえることも
増えてきて、とても嬉しく思っています。
今後も患者さまに喜んでいただけるような義眼師を目指してがんばります!

授業でとったノートの一部を清書して、
待合室に置こうかと思っています。
少しずつ準備していきますのでしばしお待ちを・・。

2016年05月06日 21:23

ご予約はこちらへ

☎︎ 0120-464946
092-475-5621

作製に関するご相談
お問い合わせ

アツザワ・プロテーゼ九州
福岡県福岡市博多区
博多駅前4丁目31-1
グランピア博多駅前802
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜・祝日
定期出張日 水曜・木曜
第1月曜、第4金曜

Side Menu

モバイルサイト

アツザワ・プロテーゼ九州 様スマホサイトQRコード

アツザワ・プロテーゼ九州 様モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!