アツザワ・プロテーゼ九州|博多駅からすぐ

福岡市を拠点に九州各県・沖縄(一部中国・四国地方)の患者様へ義眼の作製・関連サービスを提供しています

HOMEブログ ≫ 映画(ドラマ)の中の義眼はウソだらけ??③ ≫

映画(ドラマ)の中の義眼はウソだらけ??③

こんにちは!いつもアツザワ・プロテーゼ九州のブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。
 
「映画の中の義眼はウソだらけ」シリーズ第3弾。
今日は映画ではなく、日本のテレビドラマに登場する義眼について書きたいと思います。
 

水神村伝説殺人事件

 
横溝正史さん著「車井戸はなぜ軋る」を原作として、
2002年にTBSで放送された、古
金田一耕助シリーズの単発テレビドラマです。
私はリアルタイムでは視聴していなかったのですが、
最近、再放送をボ~~と眺めていたら物語序盤から義眼がキーアイテムのように
扱われていたのでついつい最後まで見てしまいました。
先にご紹介した2作品とくらべてリアリティラインが高めに設定されていて、
義眼も大写しになったシーンを見る限り、本物を撮影に使用しているようですし、
はっきり「ウソだ!」と言えるような表現はありませんでした。
ただ、1ヶ所、微妙な部分があったのでそのことについてお話しします!
 
■片眼の視力を失明=運転できないとは限りません
 
以下、警視庁のホームページ『適性試験の視力の合格基準』より引用

・原付免許、小型特殊免許
両眼で0.5以上、又は一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、
視力が0.5以上です。
 
・中型第一種免許(8トン限定中型)、準中型第一種免許(5トン限定準中型)、普通第一種免許、二輪免許、大型特殊免許、普通仮免許
両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上です。
 
・大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)、準中型第一種免許(限定なし)、けん引免許、第二種免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許
両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、
三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内です。
--------------------------------------引用ここまで-----------
 
残念ながら、大型第一種免許、中型第一種免許、準中型第一種免許、けん引免許、第二種免許、大型仮免許、中型仮免許、準中型仮免許については、一眼がそれぞれ0.5以上となっているため、片眼を失明していると免許をとることができません。
 
しかし、このドラマで使われていたような乗用車であれば、
視野などの基準を満たしていれば運転することができます。
 
 原作では、戦争により両眼を失明し義眼を装用しているため
車の運転ができないという設定だったところを、
ドラマ化するにあたって、アメリカ留学中の事故による火傷で片眼を失明し
義眼を装用している。つまり、片眼の視力に問題がないという風にもとれるように
変更したことによって、この人物が「車を運転できない」という
物語上非常に重要な設定にツッコミの余地が出来てしまったという感じです。
ただ、「事故で片眼を失明したうえに、残されたもう片眼の視力も0.7以下だ!」
なんてドラマ中のセリフで説明すると不自然ですし・・・ね。

原作は未読ですが、昭和24年に発表されたこと、義眼装用の原因が戦争であること、
物語の結末・・ドラマ版よりも辛い話なんだろうなぁ・・と思います。
 

2018年07月11日 13:39

ご予約はこちらへ

☎︎ 0120-464946
092-475-5621

作製に関するご相談
お問い合わせ

アツザワ・プロテーゼ九州
福岡県福岡市博多区
博多駅前4丁目31-1
グランピア博多駅前802
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜・祝日
定期出張日 水曜・木曜
第1月曜、第4金曜

Side Menu

モバイルサイト

アツザワ・プロテーゼ九州 様スマホサイトQRコード

アツザワ・プロテーゼ九州 様モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!